江東区 任意整理 弁護士 司法書士

江東区で債務整理や借金の相談をするなら?

借金をどうにかしたい

借金が多すぎて返済が苦しい…。
借金が複数で首が回らないので、債務整理で解決したい…。
もしそう思っているなら、できる限り早く司法書士・弁護士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、毎月の返済金額が減ったり、督促がSTOPしたり、等というさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談ができる法務事務所・法律事務所もたくさんあります。
ここでは、その中で江東区に対応している、オススメの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
また、江東区にある法務事務所・法律事務所も紹介しているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、1人で解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知恵や知識を借りて、解決策を見つけましょう!

江東区在住の方が借金・任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

江東区の借金返済・多重債務の悩み相談なら、ココがお勧め。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いもOK。
相談料はもちろん0円!
借金の督促をSTOPすることも可能です。
個人再生、自己破産、過払い金、任意整理、など、借金や債務のことを相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談を受け付けてくれるので、お金に困っている方も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に適した方法で、どうにもならない借金問題を解決します。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心です。
まずは気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国に対応している司法書士事務所なので江東区に住んでいる方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の江東区周辺にある司法書士・弁護士の事務所紹介

江東区には他にも複数の法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてください。


●ハミングバード法律事務所
東京都江東区永代2丁目18-1鈴木ビル中2階
03-6458-8597
http://hummingbird-law-office.com

●江東総合法律事務所
東京都江東区亀戸2丁目22-17日本生命亀戸ビル4F
03-3637-6177
http://kotosogohoritu.jp

●むくの木法律事務所
東京都中央区新川1丁目2-8第5山京ビル8階
03-3551-1590
http://mukunoki.info

●永代共同法律事務所
東京都江東区門前仲町1丁目4-3エンゼルビル4階
03-5621-8405
http://eitailaw.jp

●栄木司法書士事務所
東京都江東区亀戸6丁目33-3栄木ビル4F
03-6280-6628
http://eiki-jimusyo.com

●司法書士小笠原りえ事務所
東京都江東区亀戸1丁目36-4
03-5858-6266
http://ogasawara-office.jp

●宮崎浩一司法書士事務所
東京都江東区東陽2丁目4-29マルシンビル4F
03-3644-3443
http://rs-w.net

●司法書士高柳事務所
東京都江東区海辺17-4
03-3645-1688
http://taka-office.jp

●岩川司法書士事務所
東京都江東区大島4-5-11201
03-3636-4304
http://iwakawa.ne.jp

●かもめ総合司法書士事務所
東京都江東区門前仲町2-7-3室井ビル2階
03-6458-5738
http://kamomesougou.com

●東葉法律事務所
東京都江東区東陽2丁目4-29マルシンビル7F
03-5653-5808
http://toyolaw.web.fc2.com

●野口二郎司法書士事務所
東京都江東区亀戸5丁目5-11仲川第一ビル3F
03-5609-2512
http://noguchi-office.jp

●下河原司法書士事務所
東京都江東区亀戸6丁目56-17稲畠ビル5F
03-6905-6042
http://shimogawara-office.com

●堀江司法行政事務所
東京都江東区富岡1丁目13-1村上ビル3F
03-5621-7321
http://office-horie.com

●めざき司法書士事務所
東京都江東区東陽3丁目28-9山屋東陽ハイツ5F501号室
0120-260-275
http://souzoku-koto.com

●行政書士すずや深川法務事務所
東京都江東区住吉1丁目19-1
03-6659-4445
http://suzu-fuka.com

江東区にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

江東区に住んでいて借金の返済問題に参っている状況

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者等は、高い金利がつきます。
15%〜20%も金利を払わなければならないのです。
住宅ローンだと年間0.6%〜4%ほど、マイカーローンの金利も年間1.2%〜5%ほどですので、すごい差です。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するようなキャッシング業者の場合、金利がなんと0.29などの高利な金利を取っていることもあるのです。
高利な利子を払い、そして借金は増えるばかり。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金利が高利で額も多いとなると、返済は大変なものでしょう。
どう返せばいいか、もう思いつかないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかありません。
弁護士や司法書士なら、借金返済の解決策を考え出してくれるでしょう。
長期の返済計画かもしれませんし、過払い金を返してもらって返す額が減額するかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

江東区/債務整理のデメリットはどんなものか|任意整理

債務整理にも多様な進め方があって、任意で業者と協議をする任意整理と、裁判所を介した法的整理の自己破産もしくは個人再生等々のジャンルが在ります。
それでは、これ等の手続きにつきどういう債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等3つの方法に共通する債務整理の欠点とは、信用情報にそれら手続きをやったことが載ってしまうことです。俗にブラック・リストというふうな状態に陥るのです。
とすると、大体5年から7年の間は、カードが作れず又は借り入れができない状態になります。しかしながら、貴方は返済金に日々苦しみ抜いてこれ等の手続きをするわけなので、もう少しだけは借入れしない方がよいのではないでしょうか。
ローンカードに依存し過ぎる人は、むしろ借り入れができない状態なる事によりできない状態になることで救済されるのではないかと思います。
次に自己破産と個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続きをした事実が載るという点が挙げられるでしょう。しかし、あなたは官報等見たことがありますか。むしろ、「官報ってどんな物」という方のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞の様なものですけれど、やみ金業者などの僅かな方しか見てません。ですので、「自己破産の事実が周りの方に知れ渡った」等といった心配事はまず絶対にないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理デメリットですが、1回自己破産すると7年間は再度破産は出来ません。そこは十二分に注意して、二度と自己破産しなくてもよい様に心がけましょう。

江東区|個人再生って、弁護士と司法書士、どちらに依頼する?/任意整理

個人再生を進めるときには、司法書士若しくは弁護士にお願いすることが可能です。
まず、司法書士に個人再生の手続をゆだねる際は、書類作成代理人として手続を代わりにおこなっていただくことが可能です。
手続を実行する時に、専門的な書類を作成して裁判所に出すことになるのですけど、この手続きを一任する事ができますので、面倒な手続をやる必要がないのです。
しかし、司法書士の場合では、手続きの代行をすることは出来るのですが、代理人じゃないから裁判所に出向いた時に本人に代わって裁判官に返答が出来ません。
手続きをおこなっていく中で、裁判官からの質問を投掛けられた際、自分自身で返答しなきゃいけません。なりません。一方、弁護士の場合は、書類の代行手続だけでなくて、裁判所に行った場合には本人に代わり受答えを行っていただくことが出来るのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続に精通している状態になりますので、質問にもスムーズに受け答えをすることが可能なので手続きが順調に行われる様になってきます。
司法書士でも手続をおこなうことはできるのですが、個人再生につきましては面倒を感じる様な事無く手続をやりたい場合に、弁護士に依頼しておく方がほっとすることが出来るでしょう。